「17歳3カ月でJリーグ2種登録」少年ムサシものがたり vol.9

「17歳3カ月でJリーグ2種登録」少年ムサシものがたり vol.9

 

立志編 6



 新潟のユースが最強時代を迎えた。少年が高校2年となったこの時代は、一つ上の世代に優秀な先輩が数多く在籍していた。



 北信越ナンバー1の下馬評は正しかった。プリンスリーグを無敗で制覇した。初優勝である。
 そして、この実力者揃いの中で少年は飛躍的に伸びた。



 08年8月22日。少年は17歳3カ月で「Jリーグ登録」(2種登録)を果たした。高校生などのアマチュアでもJリーグの試合に出場できる資格で、少年が最もほしかった資格でもある。



 2種登録が決まった日、少年が電話をくれた。電話に出ていつものやりとりをした。

 「こんにちは」

 「今日はどうした?」

 「報告があります」

 「いい話? それとも悪い話?」

 「いい話です」

 ここでピンときた。

 「2種登録か?」

 「そうです。なんで知っているんですか?」

 「知っているはずないだろう。カンだよ」

 思い出深いやりとりを今も鮮明に覚えている。
 プロ昇格まであと1年。勝負の1年が始まる時であった。



 年が明け1月。正月気分が抜けきらないうちにビッグニュースが飛び込んできた。
 プロトップチームの3週間に及ぶ高知1次キャンプへの帯同が決まった。驚きである。過去、2次キャンプから練習要員として招集されることはあったが、1次キャンプからの帯同は初めてだ。クラブの少年への期待の表れだ。

 

続く

 

 

◆『Sparkling MARUSE』購入ページ
https://hachijojimashuzo.store/

◆八丈島酒造 ホームページ
http://www.hachijojimashuzo.com/

 


過去の投稿